雪ロケなどでカメラの電池の持ちをよくする方法
寒冷地では、乾電池(充電池)の電圧が低下してしまい。
電池寿命が非常に短くなるようです。

対策としては、
1. カメラバックにカイロ
を入れて、カメラとバッテリーを事前に温めておく
2. カメラのグリップにカイロを貼る。バッテリーが温まるのと手が暖かいと一石二鳥。
  ※暖めすぎで機器が壊れたり手を焼けどするかもしれないし、しないかもしれないので自己責任でどうぞ。
私は、今のところ平気です。

カメラに限らず冬場の携帯の電池がすぐ切れるのは寒いせいです。
なので使う前に手とかで温めてから使うとちょっとは違うかも。

はじめての「ゆるかわ写真」レッスン

はじめての「ゆるかわ写真」レッスン

価格:1,659円(税込、送料別)

女の子をかわいく撮る108の方法

女の子をかわいく撮る108の方法

価格:1,890円(税込、送料別)

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.cossya.com/trackback/660137
CATEGORY
ENTRY(latest 5)
PROFILE
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.